30歳を過ぎたころから頬骨あたりのシミが気になるように

急に気になりだすシミ

 30歳を過ぎたころから、頬骨あたりのシミが気になるようになりました。 それまでニキビとか肌荒れなどではあまりお肌のことで悩んだことが無かったので、 シミに気づいた時にはちょっとショックでした。 洗顔をしてかいても、肌触りが変わってきたような気がしていた頃で、シミにも気づきました。おそらく第二、第三のお肌の曲がり角だったのでしょうか。 元からシミもあったのでしょうが、肌にハリがあると気づかないのだと思います。それが、肌がたるんできたことで急に気になるようになったのだと思います。

とにかく始めたシミ対策

 ほほは日焼けの蓄積が起こりやすいため、シミなどができやすい箇所です。 ほほの両面に対象にできてはいなかったので、肝斑ではないと思い調べました。 ストレスや紫外線対策をしていなかったので、純粋に肌が老化して出来るシミのようでした。そのため、お肌の老化による乾燥を防ぐために、小林製薬の保湿化粧水「ヒフミド エッセンスローション」を使っています。 そして、肌の再生を促すためのビタミン、小林製薬の「マルチビタミン・ミネラル+コエンザイムQ10」も飲んでいます。

シミ対策の気になる効果

 小林製薬の保湿化粧水「ヒフミド エッセンスローション」と小林製薬の「マルチビタミン・ミネラル+コエンザイムQ10」は、ネット通販で購入しましたが、購入の翌日には届いたので、すぐに始めたいという気持ちのまま始められて良かったです。 なんでもタイミングは大事だと思うので。その熱い気持ちのまま毎日お手入れをさぼらなかったご褒美化、お肌にハリが戻り、おかげでシミが目立たなくなりました。 そしてだんだんシミも薄くなり、ハリの効果とダブルで目立たなくなってきました。

シミ対策の1か月のお値段

 シミ対策にかけているお値段は、小林製薬の保湿化粧水「ヒフミド エッセンスローション」が180mlで4,300円です。180mlを1か月ほどで使い切っています。小林製薬の「マルチビタミン・ミネラル+コエンザイムQ10」はタブレット状で、内容量 120粒、 1日の摂取目安は4粒なので約30日分が1300円ほどです。 化粧水とビタミン剤どちらの効果なのか、相乗効果なのか、お肌がしっとりとしてきてキメが整ってきたように思います。

↑ PAGE TOP