なんとなく気になってしまうくるぶしの黒ずみ

きっかけはおそらくあぐら

 ここ何年かくるぶしの黒ずみに悩んでいます。黒ずみが気になり始めたのは20代後半からで、ふと足元を見た時になんだかくるぶしが他の部分に比べて黒いなと思ったのがきっかけでした。黒ずみというのは擦れたりといった外部からの刺激によって悩まされてしまうものだという話を聞いたので、恐らく自宅ではもっぱら床に座るという純和風の生活をしてあぐらをかく機会が多いのが原因なのでしょう。よく見える部分ではありませんが、それでも気になってしまいます。

対策をしたいけど先立つものがない

 何か対策をしてみようと思って調べてみたのですが、黒ずみというのはそう簡単に綺麗になるものではないようですしなによりお金がかかりそうなのでなかなか取り組めずにいます。正直金銭的な余裕があまりないですし、くるぶしは普段あまり見える部分ではないので大丈夫かなと思ってしまう部分もあります。それでもパンプスやサンダルを履くと目立ちますし何かしたいという焦りもあり調べてみると、どうやら保湿をすることも大切なようなので一応顔に使う化粧水などで保湿をすることは心がけています。

普通の化粧品や姿勢の改善で対策

 全身に使える化粧水でそれとなく保湿をするようにしていますが気休め程度にしかなっていないように感じています。しかしそれ以外にもなるべくあぐらをかかない、くるぶしを地面につけないような座り方をするなど刺激を与えないように工夫していることが功を奏したのか悪化しているようには見えません。それどころか綺麗になってきているような気さえするので、日頃の生活を見直すだけでも多少効果があるのではないかと感じています。

お金をかけずともできる対策もある

 化粧水は600円程度という安さでもともと顔に使うために購入したものですので、くるぶしの黒ずみ対策にかかっている金額というのはゼロといっても良いかもしれません。普段刺激を与えないようにして過ごしている結果少しずつ綺麗になっているため特別なケアは必要ないのかもしれませんが、もしケアをするならばスクラブを使ってみたいですね。しかし姿勢などに気をつけてターンオーバーを促進させてあげればお金をかけなくても綺麗にすることができるのではないかなと思っています。

↑ PAGE TOP